2017年10月01日

スタッフ研修会

20170925  研修会.jpg

こんにちは!東洋カイロプラクティック専門学院です。

先日行われたスタッフ研修会の様子のご紹介。

東洋カイロで行っている技術とは何か?

その答えは、「患者様の症状の根本改善」。

技術といっても、ただ硬いところを揉む・矯正するのではなく、なぜそこが硬いのか、つらいのか
を探り当てる力も技術です。

患者様の根本改善を目指したときに、痛みのある場所の調整はもちろん必要な場合もありますが、それ以前の
そもそもその症状がでる元となった原因の改善が必要です。

行きつくところ、それは「食事」 「運動」 「睡眠」 「ストレス」の4つのバランスです。

それぞれの原因を判別する手段として、東洋カイロでは東洋医学の検査法である「脈診」や「舌診」を使って、体の中で起こっている生理現象を読み解いていきます。

例えば、左肩痛の場合。

脈診で「胃」の脈が激しい、舌診で舌の苔が黄色っぽい等が出ていると、もしかしたら胃に何かしらの問題があって左肩に痛みが出ているのではないか?と予測していきます。

そうだとしたら、胃の炎症が原因だから、肩を揉んでも根本的には治りません。

試しに肩は調整せずに、胃に関わる経絡を刺激してみて症状が緩和すれば、胃が原因だったといえます。

そこからさらに、では何故胃なのか?という疑問が出てくるわけですが、これを直接患者様に心当たりがないか聞いていくわけです。

こうなると、整体以前の問題ということになりますが、整体・カイロの役割症状改善のための手伝いをするところ。整体を受けて治るわけではありません。
原因を知って、治りやすい状態に整えられたうえで、原因となったことを患者様自身で意識して治そうとして初めて治るのです。

これに気づかせること。

これが本当の根本改善につながるのではないでしょうか。













posted by toyocp at 11:34| Comment(0) | 学院情報

2017年09月04日

足指トレーニングで首・肩・腰痛解消



患者様の首・肩・腰痛の原因としてかなり多いのが、「足のトラブル」です。

代表的なのが「外反母趾」と「足裏アーチ」にまつわるものです。

通常、外反母趾で親指に重心が乗せられない、あるいは足裏のアーチが少ないことによって、足で地面を蹴り返す力が上半身に伝わらず、問題のある足側の肩が下がる等して首、肩、腰痛に発展していきます。

足の弱さが問題ならば、答えは単純。

足指を鍛える!!

地味なトレーニングですが、週に3回行うだけで、長年の慢性痛みが緩和する可能性大です。

是非お試しください/

posted by toyocp at 16:14| Comment(0) | 健康情報

2017年08月25日

東洋医学の診立てと患者にも施術者にもやさしい施術

IMG_0482.JPG東洋カイロプラクティック専門学院です。
東洋カイロプラクティックでは、患者様の症状に対して、東洋医学と西洋医学の両面から原因追求と対策を行っています。

どんな症状でも、明かな外傷や感染等でない場合、身体は、東洋医学でいう 「気」 「血」 「水」 のいずれかあるいはいくつかの過不足や滞りが起こっていると考えられます。

どれが問題なのかを判別する方法が 「舌診」と「脈診」。

本日の研修では、舌と脈の状態から、体の中に起こっている「気」 「血」 「水」の乱れを判別し療術に活す学科研修と、患者様と施術者に負担をかけない施術方法の2部構成で行われました。

身体の内部の状況が分かれば、それに対して経絡調整を行い、残った症状に対して適切な施術を行えます。

しかし実際は、筋や関節、リンパの流れ、果ては生活環境やメンタルの問題など様々な要素が複雑に絡んで症状に結びついているので、それらを紐解くことが整体術師としての役目なのだと思います。

揉んだから、矯正したから改善する、といった単純なものではなく、すべての症状にある「原理・原則」を追求し、研修を積み重ねて実践する。
地道な道のりですが、患者様、未来の整体術師のために知識・技術を向上させていきます/
タグ:研修
posted by toyocp at 11:54| Comment(0) | 学院情報