2016年06月06日

疲れてるのに 眠れないイライラ!セロトニン出して快眠GET!?

疲れ.jpg

こんにちは!東洋カイロプラクティック専門学院です。

はぁ〜、眠いよう〜。でも眠れないよう〜。明日も仕事忙しいのにこのままじゃ明日を乗り切れない・・・

これって本当につらいですよね。横になったらすぐ眠れる人が羨ましい!!

ポイントは、いかに睡眠に関わる「セロトニン」を作り出すかです。
解決法は4つ。
@太陽の光を浴びる

A運動不足解消

Bセロトニンの材料を取り入れる

C腸内環境を整える

@太陽の光を浴びる

日の出.jpg


そもそも、眠りを促すのが「メラトニン」というホルモンです。

このホルモンの材料が「セロトニン」。

つまり、眠りたかったら「セロトニン」を増やすことが大切なのです。

これに有効なのが「太陽の光を浴びること」。これが眠りと覚醒のスイッチを切り替えてくれて、しかも眠りに必要な材料を作ってくれます。 

よく、どんよりとした天気が続くと気分がすぐれず、だる眠いのは太陽の光を浴びていないせいなんですね。

また、太陽の光は自律神経のバランスを整える効果もあります。
セロトニンの持つ、気分を落ち着かせ、「やったぜ!」とか「幸せだな〜」といった感情を支配する「副交感神経」作用で、ドーパミンやノルアドレナリンの、怒り、不安、集中力といった「交感神経」の興奮作用を抑制してくれるんです。

なので、セロトニンが不足するとイライラや怒りっぽい、やる気が出ない、疲れているのに眠れない等の症状=自律神経の乱れが起こるというメカニズムが発動してしまいます。

私は毎朝7時頃家を出て出勤するのですが、太陽の光を背に浴びるのはなんだか元気をもらっているようで気持ち良いですよ!


Aリズムカルな動きで運動不足解消

エクササイズ.jpg


出来れば全身的に効果のあるウォーキングやスクワット等をやって頂きたいですが、

運動といっても面倒くさいですよね・・・

わざわざジムにいくのも億劫ですし・・・

でも、このセロトニンを分泌させるのに重要なことは、「リズミカルな連続運動」

身近で言えば、食事で「噛む」動作です。

つまり、良く噛んで食事をすることでもセロトニンの分泌が促されます。これなら出来るはず!!

余裕があれば、日中の胸式呼吸や寝る前の腹式呼吸で自律神経バランスが整いますのでやってみましょう。


Bセロトニンの材料を取り入れる

kitchen-592305_640.jpg

いくら太陽の光を浴びても、運動をしても、基となる栄養が不足していると基も子もありません。

この、セロトニンの材料となるのが「トリプトファン」。

肉、魚、チーズ、卵、豆等に豊富に含まれています。

トリプトファン → セロトニン → メラトニン → ばっちり睡眠! この流れが大事!


C腸内環境を整える

フローラ.jpg

セロトニンを作る材料であるトリプトファン。

そもそもどの栄養もそうですが、腸で吸収する力がないと意味がないですよね。

腸内フローラという言葉をよく耳にしますが、まさに、この腸内環境が整っていないと必要な栄養が吸収できません。

ここでのポイントは、

腸でトリプトファンが吸収されない  →  セロトニンが作られない  →  眠れない、自律神経のバランスが崩れる  →  交感神経が働きすぎる  →  腸の働きを制限  →  腸内フローラが悪化  →  セロトニンが作られない  という負のスパイラルに陥ってしまう怖さです。


まとめると
疲れてても眠れない、途中で目が覚めてしまうのは、
@太陽の光不足 → 朝日を浴びる

A運動不足   → しっかり噛もう!

Bセロトニンの材料不足 → トリプトファン:特に卵がおすすめ

C腸内環境   → 乳酸菌、ヨーグルト等を取り入れて腸内フローラを整える。乳製品が合わない方は、ご飯に漬物、お味噌汁を基本にした日本の伝統的な和食


全てを一気に行うのは難しいかもしれませんが、何事も継続です。今までなかった習慣を取り入れて、身体が変わる感動をぜひ味わって頂きたい/
posted by toyocp at 21:20| Comment(0) | 健康情報

2016年05月30日

梅雨 体調不良 原因と対策。これを知っていれば安心!?

梅雨.jpg

こんにちは!東洋カイロプラクティック専門学院です。

そろそろ近づいてきましたね。梅雨!

湿気が増すにつれて、もう体調が崩れている方が多いと思います。毎年訪れるこの季節。今年こそ!あなたに無事に乗り切ってほしい!

そこで、梅雨の体調不良の原因とその対策をお伝えします!

原因
1.気圧が低い 日照時間が短い
 ・副交感神経が優位になって体が脱力しすぎる → だるい、疲れが抜けない
 ・気圧が低いと、大気中の酸素が薄くなり、当然体内の酸素濃度も低くなる → 酸欠で頭がぼ〜っとする
                                      頭痛
2.気温の変動
 ・雨が降っている間は気温が下がるけど、湿度は高いままなので身体の水分が抜けずその過剰な水分で自分  自身をさらに冷やしてしまう

3.湿邪
 ・湿気に弱いのは東洋医学的に診ると「脾」と「胃」。これらの消化・吸収の力が弱くなることで、食欲不振や吐き気、下痢
4.1〜3に共通して、これらのストレスから「ヒスタミン」という炎症物質が過剰分泌 → 肩凝り、腰痛、イライラ

対策
1.湯船につかる
 ・まずはからだにしみついた冷えをとりましょう。湯温は38〜40度がベスト!

2.適度な運動(特に足を刺激) と呼吸
 ・ゆるんだ身体に刺激を与え、交感神経と副交感神経のバランスをとりましょう。体温を上げたり、汗をかくことで余計な水分を発散させる効果もあります。ウォーキングやスクワットがおすすめ。
 ・腹式呼吸、胸式呼吸をやって、体内の酸素濃度を増やしましょう。

3.弱った脾・胃を滋養する食べ物
梅干.jpg
 

・私が最近毎日飲んでいるのが 「梅醤番茶」もどき・・・。胃腸の調子がよくなり、血行を良くする効果があるので身体がポカポカします。梅干に含まれるクエン酸が体力を回復させてくれるし、塩味=ミネラルが他の食材の吸収を助けてくれるので、胃にやさしい!
身体を流れる血は、食べた食物を胃腸で吸収して作られるので働きが弱くなると貧血症状も出てきてしまうのが怖いところ。最近診た患者さんも、まさにこの消化が弱いタイプで、ダルさがあまりにも取れないから病院にいったら貧血と診断されました。

実際は梅干1個に醤油小さじ2杯、すりおろししょうがに3年番茶をコップ1杯で作るのですが、番茶がなかったのでお湯で代用しています。だから、もどき・・・。

4.湿気をとり、気をめぐらせる食べ物
 ・ねぎ、しょうが、にら、シソ等

まとめると、
梅雨の体調不良の原因は、
@自律神経の乱れ(交感神経と副交感神経のバランス異常)
A冷え
B湿気

対策として
@湯船につかって温める
A適度な運動と呼吸
B湿気をとり、胃腸を回復させる食べ物

まずは出来るところから始めてみましょう/
posted by toyocp at 19:17| Comment(0) | 健康情報

2016年05月19日

身体のだるさ、重さを5分で解決!?30〜40代の男女必見!

重い.jpg

その身体の症状・・・、食事に気をつけても、運動しても変わらないでしょう?

整体・マッサージに行く時間もないし・・・

そんなあなた!自分で出来る簡単な解決法があるんです!!

解決の秘密は手足の刺激にあった!?
たった5分の手足の刺激ですっきり。正しい身体の流れをつければ、驚くほど効果が実感できるんです!

なぜ手足の刺激で解決するの?
・身体のだるさ、重さの原因は様々です。呼吸(の機能)が浅いことによる酸欠、季節の変わり目に起きやすい腸の不調、ストレスによる心臓への負担、老廃物を排泄する腎臓膀胱の機能低下、食生活において油モノの摂り過ぎやお酒の飲みすぎによってへの負担増 など等。

・そして、手足の先や爪の両脇には、肺・大腸・胃・脾・心臓・小腸・膀胱・ストレス・身体の水分調節・胆・肝に関わるツボが配置されているんです。すごい!

手.jpg

足経絡.jpg

ほら!これらにかかわるツボが手足には満載なんです。

刺激の仕方はこうだ!

実は、前回の記事と同じやり方で解消できるんですよ ↓
https://youtu.be/ENEsrVGIYYc

軽度の肩凝り・首凝りの改善はもちろんのこと、刺激した時にどの指が痛いかによって身体のどこに不具合があるかのバロメーターにもなりますので、日ごろのチェック&症状改善にぜひ使ってみてください/







posted by toyocp at 17:45| Comment(0) | 健康情報