2017年11月22日

東洋医学からみた冷え性 体質を知って根本改善を目指そう!

冷え症.jpg

こんにちは!東洋カイロプラクティック専門学院です。

本格的に寒さが増してきましたね!

この時期に取り沙汰されるのが「冷え症」の話題です。

患者様でも、夏の冷え症が秋のちょうどよい季節に治まったと思ったら、この寒さでまた出てきたという方が増えてきました。

皆さんはいかがですか?

体の芯から冷える、手足が冷たい、足は冷たいけど頭はぼ〜っとのぼせる、等々いろんなタイプがある中で、どれに当たるでしょう?

それぞれについて、東洋医学的に原因と対策を考えていきましょう。
ポイントは、「気」「血」「水」の過不足です。

@体の芯から冷えるタイプ

身体を温める働きがある「気」が不足しています。

この「気」は、「脾」の働きで食べた食物を消化し作られた栄養と、「肺」によって吸った酸素によって作られます。
気が少ないということは、つまり、この「脾」と「肺」のどちらかが弱いということです。

東洋医学では「脾」が「肺」を養う関係にありますので、まずは「脾」の力を蘇らせましょう。

「脾」の力が弱っている方は、食事が偏っていて栄養不足になっていたり、お腹が減ってもいないのに食べたりと、食に関する問題が多いようなので、これらの改善がポイントです。

日中はこまめに動いてエネルギーを消費させてお腹を減らしましょう。腹を減らしてから食べる

冬の時期は、身体を温める作用も狙ってゴボウやレンコン、大根などの「根菜」を摂ると良いですね。

そして、脾と並んで重要なのが「肺」の働き。

胸式呼吸や腹式呼吸で肺の力を高めましょう。

A手足が冷たいタイプ その1

水分の摂りすぎで末端の手足に水が滞っている、いわゆる「水滞」状態です。

舌を観察してみると、ぼてっとしていて白っぽいのが特徴です。

寒がりなのに、ちょっと動くと汗がでます。

これは、過剰な水が滞ることで「気」の巡りが妨げられ、気の作用である体の水分をとどめておく力が弱まっている証拠です。

ここでも、「気」の力がポイントになってきますね。

気の力を高めるためには、この場合は「肺」を養うことが重要です。

肺が強くなれば、肺の働きである水を巡らせる力が蘇り、余分な水分を押し流してくれます。

水分は、がぶがぶ飲まずに少量をこまめに飲むようにしましょう。

A手足が冷たいタイプ その2

血が少ない「血虚」の状態。

舌を診ると、色が白っぽく、舌の形が小さくなっています。

血が少ないということは、細胞に運ばれる酸素が少なくなるので熱が作られず、身体が冷えてしまいます。

冷えとともに、手足のしびれやめまいを伴うことが多いようです。

血のもとである食物を消化できるように、「脾」の養生としっかりとした睡眠を心がけましょう。






posted by toyocp at 19:26| Comment(0) | 学院情報

2017年11月08日

35年の歴史で培ってきた技術だから、他とは圧倒的に違う!

IMG_0532.JPG

こんにちは!東洋カイロプラクティック専門学院です。

東洋カイロは創業35年!

美容師だった創始者・鳥澤 幸枝が、自身の3日おきに寝込むほどの不調をカイロプラクティックを受けて改善させたことに感動し、全国の療術院の施術を受け独自に技術を作り上げていきました。

人の抱える不調は実に様々です。

それを改善させるにはただほぐせばよいというものでもありません。

呼吸がうまくできていない、骨格の歪み、内臓の不調、血行が悪い、気の滞り、神経伝達、ストレス、生活環境、食事、等々原因は様々なのです。

このように羅列してしまえば、ふ〜ん、確かに整体院でそんなこと言われたことある、と思うかもしれません。

でもね、「こういうことが原因の可能性がある」という予測は、一つ一つ検証し、あーやっぱりそうだったという経験の上に成り立っているんです。

症状に対する原因をあらゆる角度から考察し、改善するための答えを導き出す。それを技術や生活指導として患者様に提供する。

そうするのが当たり前のことだけど、きちんとやってくれる処は少ないのが現状です。

東洋カイロが完ぺきではないのも確か。

でも、少なくとも今までの経験と、これから積み上げていく経験とで、多くの症状に対応できることに間違いはありません。

症状で悩んでいる方のみならず、施術家として技術に行き詰まりを感じている方も、なんでもご相談下さい!

学院の体験療術はこちら ↓
http://www.rev.co.jp/

ここで本格的な施術が受けられます ↓
王子療術センター
http://www.toyocp.jp/ouji/

麻布十番療術センター
http://www.toyocp.jp/azabu/

西尾久整体療術院
http://www.toyocp.jp/nisiogu/

文京療術センター
http://www.toyocp.jp/bunkyou/

蕨西口療術センター
http://www.toyocp.jp/warabinisiguti/

蕨東口療術センター
http://www.toyocp.jp/warabihigasi/

仙台療術センター
http://www.toyocp.jp/sendai/

仙台駅前療術センター
http://www.toyocp.jp/sendaiekimae/







posted by toyocp at 11:36| Comment(0) | 学院情報

2017年10月01日

スタッフ研修会

20170925  研修会.jpg

こんにちは!東洋カイロプラクティック専門学院です。

先日行われたスタッフ研修会の様子のご紹介。

東洋カイロで行っている技術とは何か?

その答えは、「患者様の症状の根本改善」。

技術といっても、ただ硬いところを揉む・矯正するのではなく、なぜそこが硬いのか、つらいのか
を探り当てる力も技術です。

患者様の根本改善を目指したときに、痛みのある場所の調整はもちろん必要な場合もありますが、それ以前の
そもそもその症状がでる元となった原因の改善が必要です。

行きつくところ、それは「食事」 「運動」 「睡眠」 「ストレス」の4つのバランスです。

それぞれの原因を判別する手段として、東洋カイロでは東洋医学の検査法である「脈診」や「舌診」を使って、体の中で起こっている生理現象を読み解いていきます。

例えば、左肩痛の場合。

脈診で「胃」の脈が激しい、舌診で舌の苔が黄色っぽい等が出ていると、もしかしたら胃に何かしらの問題があって左肩に痛みが出ているのではないか?と予測していきます。

そうだとしたら、胃の炎症が原因だから、肩を揉んでも根本的には治りません。

試しに肩は調整せずに、胃に関わる経絡を刺激してみて症状が緩和すれば、胃が原因だったといえます。

そこからさらに、では何故胃なのか?という疑問が出てくるわけですが、これを直接患者様に心当たりがないか聞いていくわけです。

こうなると、整体以前の問題ということになりますが、整体・カイロの役割症状改善のための手伝いをするところ。整体を受けて治るわけではありません。
原因を知って、治りやすい状態に整えられたうえで、原因となったことを患者様自身で意識して治そうとして初めて治るのです。

これに気づかせること。

これが本当の根本改善につながるのではないでしょうか。













posted by toyocp at 11:34| Comment(0) | 学院情報