2017年10月21日

川の流れのように

流れ.jpg

こんにちは!東洋カイロプラクティックです。

毎日雨が続いていますが、皆さん体調崩していませんか?

今の時期はちょうど季節の変わり目でいう、「土用」(10/20〜11/6)。

季節の変わり目は調子悪いんだよな〜っていう方が多いのではないでしょうか。

それは、各季節と季節のつなぎ目に当たる、この土用の時期に「胃」や「脾」の働きが弱くなるからなんです。

この胃や脾は湿気に弱い臓器で、雨続きの微妙な湿度でやられてしまうんですね。

胃・脾は消化吸収の働きで、身体を動かす基である「気」「血」「水」を生み出し全身に運び出すのですが、この生み出す力と運ぶ力が弱まることで、元気がなくなってしまうというわけです。

感情面でいえば、弱気になったりくよくよしたりと何かと引っ込みがち。

感情の体に与える影響はものすごくて、穏やかな明るい気持ちは血行を良くし、暗く沈んだ感情は血行を悪くして、健康状態を左右するくらいです。
(お笑いを見て笑うと免疫力が上がると聞いたことがあると思います)

では、この不調をどうやって解消しましょうか・・・

手っ取り早いのは、身体を動かして無理やり血行を良くすること!

さ、今すぐその場で腿を高く上げる足踏み運動を20〜30回やってみましょう。

きっとさっきよりスッキリしているはずですよ!


posted by toyocp at 12:00| Comment(0) | 東洋医学

2017年02月27日

春の過ごし方 心を締め付けず、早起きでゆったり過ごす

日の出2.jpg

先週の温かさとはうって変わって、今週は少し肌寒いスタートです。

この寒さとは裏腹に、暦の上ではもう春なんですね。

2月4日の立春からもうすぐ1ヵ月、着々と体はこの季節に対応しようとしています。

しかし、寒い寒い冬に冬眠状態だった身体はなかなか目覚めません。

ついつい朝の二度寝が心地よく、寝坊してしまう方も多いのではないでしょうか。

おススメの春の過ごし方
ズバリ!「早起き!」
春は、長い冬の寒さから目覚めた植物や動物が、春の「陽気」をいっぱいに吸い込んでのびのびと育つ季節です。

この陽気は、朝の新鮮な空気にたくさん含まれているので、少し早起きしてゆったりと散歩するのがおススメ。

植物や動物は、早起きしようと思わなくても自然と起きて(植物に睡眠の概念があるかは知りませんが)、この朝の新鮮な陽気を吸い込み、自然を享受することができます。

しかし人間は怠惰な生き物・・・

意識して春に適した過ごし方をすることが、この後に続く夏や、巡り巡って来年の自分の体調を改善させる一番の近道かもしれません。



タグ: 早起き
posted by toyocp at 15:25| Comment(0) | 東洋医学

2016年12月26日

足は冷えるのに頭はのぼせる症状? 腎を補って解決しよう

寒い.jpg

本格的に寒さが増してきましたね。

そこで増えてくる症状が「足の冷え」。

しかし、意外と多いのが、足は冷えるのに顔とか上半身がのぼせるという人です。

あなたには思いあたる時がありませんか?

東洋医学的に分析してみましょう。

腎の司る「水」が少なくなってのぼせる?!水.jpg

東洋医学では、腎は体の中の「水分に関わる働き」と、「生命力に関わる働き」があります。

腎は冬の寒さに非常に弱くて、この寒さで腎の水を貯える働きが弱くなってしまいます。

水には、過剰な熱を鎮める働きがありますが、体の水分が少なるなることで冷やす作用が損なわれ、余分な熱が上半身に昇りっぱなしになってしまい、のぼせの症状が出てくるのです。

よく、腎と冷えとの関係が取りざたされますが、腎が冷えたから足が冷える・のぼせるというより、この腎の司る「水」の渇きが関わっているというのは意外かもしれませんね。



posted by toyocp at 19:55| Comment(0) | 東洋医学