2017年01月09日

マインド>テクニック

マインド.jpg

整体・カイロプラクティック、柔道整復師、鍼灸等々、手技療法の世界で陥りがちなワナがあることをご存知ですか?

これらの職業に就きたての頃は、いかに患者様の症状を改善し痛みを取るか。いかに技術を磨いて一流の技術者になるかを追求しているもの。

様々な医学書や参考文献を読み漁り、あーでもない、こーでもないと試行錯誤しながら日々患者様と向き合う日々。

いつしか時は流れ、患者担当人数も数万人。大方の症状は少し見ればすぐに対応でき、この症状の場合はこことここがポイントだからこの手順で調整しよう。

術後に痛みや違和感が残ったとしても、テクニックでその場しのぎができる。また、話術にも長けているので、患者様の不安を取り除く術も知っている。

しかし、そこに、「患者様を治したい」「患者様はどうしてほしいのだろう?」という気持ちが本当にあるのか?
自己満足で終わっていないか?

そう、これが技術者の陥るいわゆるマンネリ。
テクニックで何とかなってしまうが故に、この仕事を志した当初の気持ち(マインド)を忘れてしまう。

これからこの業界を目指す方々へ・・・
そして、私も含めいまこの仕事に携わっている皆・・・

テクニックの前に、今一度技術者としてのマインドを確認しよう。

ふと、こんなことをおもったつぶやきでした/



posted by toyocp at 15:54| Comment(0) | 日記

2016年01月04日

新年ご挨拶と拍手

新年 あけましておめでとうございます。
東洋カイロプラクティック専門学院は、本年度も明日を担う本物の整体術師の育成に力を入れてまいる所存です!
皆様、応援よろしくお願いいたします!

さて、皆様は初詣には行きましたか?
行った方は、「拍手(かしわで)」を打って神様にお参りされたと思います。

学院では東洋医学の陰陽五行を勉強しているということもあり、この拍手にも東洋医学的な意味があるのかと思い調べてみました。

邪気を祓う、神様をお呼びするといった意味だと思っていたのが、実は奥が深い!

左手:火足り(ひたり) 右手:水極(みぎ) という字をもとに、火=陽に水=陰を合わせて 火水(かみ)=神となる
神様も含めて、男と女、昼と夜、上と下等、世の中の仕組みはみんな陰陽バランスで成り立っているんだな〜と感心させられた年明けでした。

患者様を陰とするならば、我々整体術師が陽となるべく精進することを誓って、本年もよろしくお願いいたします。



タグ:東洋
posted by toyocp at 13:17| Comment(0) | 日記

2015年11月23日

今日の患者様

こんにちは!東洋カイロプラクティック専門学院です。

今日は、先程療術した患者様の症状を振りかえっての考察です。肺と腎の経絡調整が上手くいった例です。

症状)肩凝り、鼻炎で鼻水、腰の重ダルさ
姿勢)両肩の巻きこみ(猫背)、右足重心、骨盤の後湾
検査)肩、腰共に関節可動域は問題なし。
   深呼吸をさせてみると、胸椎1〜4辺りまでの動きのなさと、膀胱経の兪穴のチェックでは、腎兪付近の後湾   と冷え。
   肺経の補穴・太淵を押さえながら呼吸させると、動かなかった胸椎が動き、腎兪付近もそりがでる。

いわゆる、肩が凝っているからつらい症状ではなく、呼吸器系の弱化から肩が巻きこみ、五行説でいう肺の次に当たる腎が弱り、症状がでているようでした。
こういう症状は、揉まれれば確かに気持ちよく、すっきりもするのですが、根本的に呼吸の弱さを改善しない限り深部がほぐれず、すぐにぶり返してしまいます。

特に、肺経、腎経の刺激を意識して療術を行い、術後は胸椎、腰椎ともによい反りが出て、呼吸のしやすさとともに肩・腰の重さが改善しました。

患者様には、呼吸が楽になる胃経の「気戸」の刺激をしながら深呼吸をしていただくようにお伝えし療術終了しました。

これからますます寒さが増すにつれて、特に寒さに弱い「腎経」が痛みやすくなります。その対処法、療術方法等、今後お伝えしていきますのでお楽しみに!


posted by toyocp at 17:09| Comment(0) | 日記