2017年11月13日

歌の力に驚き しゃべらなかった患者様と打ち解けた瞬間

歌.jpg

こんにちは!東洋カイロプラクティック専門学院です。

最近の驚きとして、「歌の力はすごい!」と実感したことがありました。

出張療術で87歳の女性を施術していていた時のことです。

その方はほぼ寝たきりで、言葉をかければ短い返事はするのですが、ほとんど自ら言葉を発しない方です。

毎回できる範囲で全身の血行を良くする施術を行い、手足の運動療法を行ってはいるものの、会話がない施術というのはお互いにリラックスできないものなんですね。

何とか和む方法はないものかと考えて、この年代の方なら「童謡」を聴かせたらどうだろうと、音痴ながら歌ってみました。

夕焼け小焼けの赤とんぼ〜♫ 

と歌いだしたとき、なんと! とぎれとぎれながらも一緒に声を出して歌ってくれたんです!

歌の2番に入ると、「わからない」とも言ってくださいました。

「次は〇〇さんの知っていそうな歌を覚えてきますから、覚えていたら一緒に歌いましょうね」と伝えると、

「そうですね」とのこと。

初めてコミニュケーションがとれた瞬間でした!

その後、「赤とんぼ」に加えて「故郷(ふるさと)」、「紅葉(もみじ)」とレパートリーが増えてきて、毎回の楽しみになってます。

技術も大事だけど、何か心の琴線に触れるコミニュケーションの大切さを実感した体験でした。


posted by toyocp at 18:48| Comment(2) | 健康情報
この記事へのコメント
相手の呼吸に合わす川久保主任講師らしい、患者さんに寄り添った、素敵なアプローチですね
Posted by せっきー at 2017年11月24日 15:03
コメントありがとうございます。
その後、5曲くらいに歌のレパートリーが増えて患者さんと一緒に楽しんでます/
Posted by 川久保 at 2017年11月25日 08:52
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: