2016年11月14日

なぜ不調になるの?陰陽五行説を学べば半分は解決

対極図.png

肩こり、腰痛、頭痛、体の歪み、足がつりやすいetc...

日々様々なつらさや違和感にさいなまれ、解決策を探しているあなた!

東洋医学を学べば、その半分は解決ができます!

「足がつりやすい」を例に見ていきましょう。

なぜ不調になるのか?
東洋医学は、人に関わる事象を「木」「火」「土」「金」「水」の5つの要素に分け、その相互関係を説明する方法をとります。

                    「木」:肝臓


            「水」:腎             「火」:心



              「金」:肺         「土」:脾


上の図のように、木、火、土、金、水に割り当てられた「肝」「心」「脾」「肺」「腎」の5つの臓器のうちのどれかが弱くなることが、様々な症状のきっかけになるのです。


追い打ちをかける「感情」と「五悪」と「生活習慣」

「感情」
五臓が弱っただけなら、ちょっと疲れる程度ですぐに回復できるレベルですが、弱った五臓にさらに追い打ちをかけるのが、「感情」です。
例えば「怒り」。
「肝」の力が弱っているときに、たまたま「怒り」の感情が加わると、更に「肝」の働きが弱まってしまいます。

更に、
「五悪」
「肝」が嫌うのが「風」。一般的には「風邪」といったほうが分かりやすいですね。東洋医学では、「かぜ」と呼ばずに「ふうじゃ」と呼びます。風の邪気という意味です。
この邪気によって肝臓はさらにダメージを受け、上記の感情でいう怒りがましたり、時にはめまいがでたりします。
※五悪には他にも、「暑さ」「湿度」「乾燥」「寒さ」があり、五臓のどれかが当てはまります。

極めつけは「生活習慣」
お酒やたばこ、睡眠不足などが加わるとそれらの「毒」の分解を担う臓器や、調節する臓器が弱まります。ここでは、お酒を分解し、睡眠に影響がある自律神経を調節する「肝」が当てはまります。

ここまでのおさらい
不調=五臓が弱る → 「感情」「五悪」「生活習慣」 → ○○○○ → 発病

それぞれの臓器は、「気」 「血」 「水」 のいずれかを調節する機能を持っていて、上記の○○○○の段階でこのどれかが影響を受けます。ちなみに、「肝」が担うのは「血」。

「肝」つながりでいうと、
肝が弱る → 怒り、風邪、酒 → 血が不足する → 肝が統括する腱に障害が出る=足がつる

というように、「足がつる」という症状に対して、整体を受けたり、マッサージえお受けたり、〇ン〇テ〇ン塗ったりしても治らなかったとすれば、根本原因は「肝」の気の乱れだったかもしれないということが、東洋医学では分析できるのです。











        

posted by toyocp at 19:48| Comment(0) | 東洋医学
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: