2016年10月17日

肺の力を高めて潤い肌キープ!

秋.jpg

ようやく本格的に秋めいてきましたね。

この秋の季節のトラブルといえば、「乾燥」です。

空気はもちろんのこと、それによってお肌がかさかさになる方も多いと思います。

東洋医学的にみると、秋は「肺」の力が弱まりやすい季節です。

肺で正しく呼吸ができることで体内・外の気が巡り、血液の流れもよくなることで体にバリアーが張られて様々な刺激から身体を守ってくれています。

つまり、肺の力が弱まることでお肌がダメージを受けやすいとも言えます。

腹式呼吸を正しく行って、自分の自然治癒力で免疫を高め、うるおい肌を目指しましょう/

腹式呼吸のやり方はこちら
4拍で鼻から息を吸いながら、腰をそらせていきます
吸気.jpg

8拍で息を吐きながら腰を丸めましょう
呼気.jpg

寝る前に10呼吸行う習慣をつければ、お肌の調子が必ず変わってきますよ!


タグ:乾燥肌
posted by toyocp at 19:43| Comment(0) | 東洋医学
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: