2016年09月05日

乾燥肌、息切れ、鼻水 秋の体調不良には「肺」をいたわろう

乾燥.jpg

そろそろ来てますよね・・・、「乾燥肌」。

乾いた砂漠のような肌荒れが始まりだす季節になってきました。

肌を潤す化粧水、敏感肌に有効な洗顔法、保湿クリームetc...

乾燥肌に良いとされる方法は数多あるけれども、自分の自然治癒力を上げる方法で改善できるとしたらどうです?

肺を活性化して、肌荒れ、息切れ、鼻水症状を改善!
元気.jpg

東洋医学的に診ると、秋は「肺」を痛めやすい季節です。

この肺が担っているのが、「皮膚の保護」。他には呼吸に関係する「息切れ」や「鼻水」症状。

つまり、皮膚=肌荒れを起こしやすいということは、この肺の働きが弱っているということなんです!

肺を活性化するための呼吸筋運動をやってみよう!オーダーメイド肩B 上部胸椎(前後).jpg

以前紹介した腹式呼吸も有効ですが、この特に肺の周りを覆っている肋骨の動きを柔軟にできるエクササイズを行えば、普段の呼吸がかなり楽になるので、結果的にお肌にうれしい効果が期待できます。

ぜひお試しください/


posted by toyocp at 19:01| Comment(0) | 東洋医学
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: