2016年08月22日

台風と体調不良

台風 気圧.jpg

東京の方は台風の目を過ぎ、再び雨脚が強くなってきました。

こんな台風の時は、体調不良が出る方も多いのではないでしょうか。

台風の時に限らず、天候が悪い時におきる体調不良の原因は、低気圧による自律神経の乱れによる血行不良。

気圧が低くなることで副交感神経が優位になり、血管が膨張して血行が悪くなり、だるさ、眠気、むくみや気分の落ち込み等の症状が表れます

また、低気圧によって、「ヒスタミン」という物質が多く分泌されるといわれています。花粉症の時期に「ヒスタミンをブロック!!」と宣伝されているアイツです。

このヒスタミンは、交感神経を活性化させ、痛み、疼き、頭痛等を助長させます。

つまり、台風の時期、体の中で、こっちでは「副交感神経」あっちでは「交感神経」としっちゃかめっちゃかに働いて混乱している状態なんですね。

台風の体調不良にはこれ

@腹式呼吸
A41度前後の湯船に浸かる
B十分な睡眠時間

おすすめ腹式呼吸はこちら↓
https://youtu.be/TQMVoLlbWCk
posted by toyocp at 16:01| Comment(0) | 健康情報
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: