2016年05月09日

あなたを健康に導く腹式呼吸の力。呼吸の力で肩凝り・腰痛・精神疲労改善

呼吸.jpg

こんにちは!東洋カイロプラクティック専門学院です。

段々湿気が増す季節が近づいてきましたが、皆さん体調崩していませんか?
本日は、東洋整体術式・腹式呼吸法をご紹介いたします。
正しい呼吸で酸素を身体の隅々まで行きわたらせ、つかれた身体と心を回復させましょう/

腹式呼吸で期待できる効果
その1・副交感神経を優位にし、精神をリラックスさせる→ストレス緩和、安眠効果
その2・内臓下垂を引き上げることにより、肩凝り・腰痛の改善
その3・横隔膜を動かすことによる、肺・内臓の強化

通常、腹式呼吸というと、吸う時にお腹をふくらませ、吐くときにへこませることを意識すると思います。
東洋整体術はここが違う!  ↓

吸気.jpg

@おへその下10センチ位のところに両手を重ねて置きます
A鼻で息を吸う時に腰を反らせつつ、お腹を膨らませます。

呼気.jpg

B口から息を吐くときに腰を丸めつつ、お腹をへこませます。お尻を引き締めるように息を吐くとより効果的です。

4拍で吸って、8拍で吐くリズムで行いましょう。
就寝前に10呼吸行うと、日中下がった内臓が引きあがり、肩・腰の負担が減るのと同時に、副交感神経が刺激されて安眠効果があります。





















posted by toyocp at 17:40| Comment(0) | 健康情報
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: