2016年02月29日

膀胱経と自律神経の乱れ

こんにちは!東洋カイロプラクティック専門学院です。

もう明日から3月。春に向けて少しずつ空気の感じが変わってきましたね。

こういった季節の変わり目に起こりやすいのが 自律神経の乱れ

何だかいつも眠い、気分の起伏が激しい、胃腸の調子が悪い、等々自律が乱れることで起こる症状は様々です。

この自律神経は背骨の両脇=膀胱経のラインを通っています。ということは!!こういった不調のときは、この膀胱経の調整が有効なんですよ!

眠いときに押される背中の心地よさ、イライラしたときに肝兪を押されてス〜っと気分が軽くなる感じ、胃が重い時に胃兪を押してお腹がぐるぐる動き出す、など膀胱経上の経穴の刺激で改善できる症状はこんなにあるんです!

ぜひ、整体でも良いですし、自分でテニスボールなどでぐりぐりするなど刺激をしてみてください/

posted by toyocp at 19:45| Comment(2) | 東洋医学
この記事へのコメント
テニスボールを二つ、くっ付けた形状にしてビニール袋に入れて使うと簡単にできるyo
Posted by まさかり at 2016年03月23日 16:34
まさかり さん。
ナイスアイデア! 確かに、テニスボール1個より2個のほうが脊柱に沿って刺激しやすいですね。
Posted by 川久保 at 2016年03月23日 19:18
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: