2015年11月23日

今日の患者様

こんにちは!東洋カイロプラクティック専門学院です。

今日は、先程療術した患者様の症状を振りかえっての考察です。肺と腎の経絡調整が上手くいった例です。

症状)肩凝り、鼻炎で鼻水、腰の重ダルさ
姿勢)両肩の巻きこみ(猫背)、右足重心、骨盤の後湾
検査)肩、腰共に関節可動域は問題なし。
   深呼吸をさせてみると、胸椎1〜4辺りまでの動きのなさと、膀胱経の兪穴のチェックでは、腎兪付近の後湾   と冷え。
   肺経の補穴・太淵を押さえながら呼吸させると、動かなかった胸椎が動き、腎兪付近もそりがでる。

いわゆる、肩が凝っているからつらい症状ではなく、呼吸器系の弱化から肩が巻きこみ、五行説でいう肺の次に当たる腎が弱り、症状がでているようでした。
こういう症状は、揉まれれば確かに気持ちよく、すっきりもするのですが、根本的に呼吸の弱さを改善しない限り深部がほぐれず、すぐにぶり返してしまいます。

特に、肺経、腎経の刺激を意識して療術を行い、術後は胸椎、腰椎ともによい反りが出て、呼吸のしやすさとともに肩・腰の重さが改善しました。

患者様には、呼吸が楽になる胃経の「気戸」の刺激をしながら深呼吸をしていただくようにお伝えし療術終了しました。

これからますます寒さが増すにつれて、特に寒さに弱い「腎経」が痛みやすくなります。その対処法、療術方法等、今後お伝えしていきますのでお楽しみに!


posted by toyocp at 17:09| Comment(0) | 日記
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: