2016年10月31日

イライラが便秘の原因?!柑橘系でリフレッシュ!

怒り.jpg

イライラ・ストレスが便秘の原因に?!

最近診ている患者様で、便秘の方が増えているように感じます。

便秘には色々な原因がありますが、個人的な体感も含めると「イライラ」といったストレス感情が大きく影響しているのは間違いありません。

東洋医学でいうと、「気滞(きたい)」。読んで字のごとく気が滞ることです。

イライラや怒りのストレスが、気の巡りや自律神経を司る「肝臓」を傷つけ、交感神経が優位に働いてしまいます。

交感神経は内臓の活動を抑制する働きがありますので、大腸の蠕動運動も抑制され便秘に発展してしまうのです。

ストレスと上手につきあう
ある意味、イライラするのはしょうがありません。いつまでもくよくよ考えず、イライラを感じたらすぐに発散させましょう!
柑橘系のアロマを焚いたり、みかんを食べるのがおすすめです。

気を巡らせる
なんといっても、体を動かすことが一番。
リズミカルな運動を行えば、セロトニンという幸せホルモンが分泌されて、興奮した交感神経を鎮め、内臓の働きを良くする副交感神経を優位にしてくれます。

便秘対策として、こと食事や栄養面、腸内環境に目が行きがちですが、こういった精神面や運動面でのアプローチも必要不可欠ですので、ぜひ実践してみてください/







タグ:便秘
posted by toyocp at 17:03| Comment(0) | 健康情報