2016年03月29日

肝の不調で脾・胃が弱り、便秘・下痢の原因になる

こんにちは!東洋カイロプラクティック専門学院です。

春に痛めやすい肝の影響で忘れてならないのが、「脾」と「胃」へのダメージです。
肝の働きの一つに、全身の気をめぐらせるというものがあります。つまり、肝が不調になると、脾や胃の気の流れも悪くなるということです。

脾の働きとして、食物から取り入れたエネルギーを上昇させ、内臓の位置を保つ。
胃の働きとして、食物を消化し、栄養分を小腸に降ろす

このことから、

この脾の上昇させる力が弱まることで、「下痢」になり、
胃の下降させる力が弱まることで、「便秘」になる。という症状が表れるわけです。

特に、この時期の下痢、便秘で悩んでいる方がいれば、お腹の調子を整える対策のひとつとして、肝を養うことにも目を向けてみましょう!
posted by toyocp at 14:00| Comment(0) | 東洋医学

2016年03月22日

春の体調不良(目がかすむ、足がつる、抜け毛、肌荒れ、いらいら等)には、「肝」を養う

こんにちは!東洋カイロプラクティック専門学院です。

桜もあと少しで満開!でも、体調最悪・・・って方いません?
何だか、目がしょぼしょぼしたり、足がつりやすかったり、抜け毛が多い、肌の調子がいまいち、イライラするなど等、心身ともにいろんなトラブルが出やすいこの季節。

東洋医学的にみると、春になると気温が上がり、大地で暖められた空気が上昇し風が吹く。
              ↓
この風によって「肝」が刺激され、さまざまな不調がでる

といわれています。
内風.jpg

この、肝への刺激から
血が不足する=体を養う力が低下して、体の各部位で機能低下が起きる(目がかすむ、足がつる、抜け毛等)
       ↓
心臓の働きが悪くなる=動悸、夢をよく見る、寝てもよく途中で目が覚める
       ↓
どんどん弱ると、血の不足=水分不足になり、体が熱を帯びてのどが渇きやすく、イライラ、顔が火照る       ↓
最終的には、肝に栄養を与える立場の「腎」が弱って、腰痛、足のだるさ、歯が抜ける等の症状に発展


このように、肝がダメージを受けると良いことないですね・・・

そこで、春に痛めた「肝」を養う 「すっぱい食べ物」 を摂りいれましょう!
でも、イライラが強い方は、酸味を取りすぎると逆効果なので控えめに。

東洋医学って難しいですけど、学べば学ぶほど、身近に起こる身体の現象を見つめなおすのに役立ちます。
当学院では、東洋医学をベースに、身体の不調をさまざまな角度から調整し、健康に導いていく独自の技法を行っています。興味のある方は、下記から資料(無料)をご請求ください/
http://www.rev.co.jp/form/request/index.html
           
           
           




タグ: 体調不良
posted by toyocp at 17:51| Comment(0) | 東洋医学

2016年03月14日

肝臓が弱ると右肩が凝る

こんばんは!東洋カイロプラクティック専門学院です。

前回は、春に肝臓を傷めやすくイライラしやすくなることをお伝えしました。

肝が弱ることで、こういった精神的な影響もさることながら、身体にも痛みとして現れることがあります。
それがこれ ↓
「肝機能の低下と右肩の凝り」肝臓の関連痛.jpg

肝機能が弱る原因には、東洋医学的にみた季節の影響や、お酒に代表されるように、毒の分解による肝臓への負担、薬害等が考えられます。
もし、右肩が凝ったと感じたら、もしかして肝が弱っている? と疑ってみましょう。









posted by toyocp at 19:46| Comment(0) | 健康情報