2017年02月01日

腰の痛みをあきらめないで!

トレイン.jpg

腰の痛みをあきらめていた方へ

 ・朝目覚めるたびに、「いてて・・、は〜、もっとすっり目覚めたい・・・」
 ・仕事に行って、椅子から立ち上がるたびに「よっこいしょ!」と声を出さないと立ち上がれない

 ・街のショウウィンドウに映った自分の曲がったシャキッとしない姿勢に、「私も歳とったな・・・」と寂しくなる
腰の痛みはもちろんのこと、痛み以外でもこのような悩みを抱えている方は多いはずです。

腰痛の原因は様々で、
慢性疲労もさることながら、足首の捻挫跡、膝、股関節、肋骨、肩関節、腕、顎、頭蓋骨などの物理的な歪み。

その他にも、筋肉、腱、靭帯、筋膜、神経、あなたを取り巻く仕事や家庭環境等々、痛みが出ている以外の原因は意外と多いのです。

腰以外の怪我や障害が積もり積もって、それらの負担をたまたま腰が受け止めてしまうことによって痛みがでてきます。

 朝起きるたびに腰が痛い・・・

 鏡を見ると、腰が曲がって老けて見える・・・

腰の痛みがとれれば、朝の目覚めは爽快!! 背筋もすっきりして、生き生きと若く見られるようになります。
痛みを解消し、より健康に自分の理想の生活を目指してみませんか?

朝の起きるときにつらい腰痛がみるみる良くなって、健やかな1日が始まる!

東洋整体術では、腰痛の原因となる、骨格、筋肉、筋膜、経絡、神経、内臓、心理や、あなたを取り巻く生活環境(食事、運動、ストレス等)を総合的に診たて、施術を行います。
担当する施術者は、全員東洋カイロプラクティック専門学院を卒業し、「ただ揉むだけでは改善しない」様々な症状に対応できるプロフェッショナルです。
学院の講義では、まったくの素人さんから、すでに資格を有し施術に携わっているプロ向けにも講義を行い、実際に効果のある理論と技術を提供しています。

東洋カイロの施術を受けると、朝の腰のつらさが取れ、気持ちの良い目覚めで1日の気分まで変わるかもしれません。
周りの方々からも、「最近姿勢が良くて若返ったね」と言われたら最高ですね!

東洋カイロプラクティックの利用方法

 1、痛みを解消して、気分の良い一日を過ごしたい方

 2、見た目を若返らせたい方

 3、スポーツのパフォーマンス向上に

 4、睡眠不足でもやもやした頭をスッキリさせたい方

 5、ここ一番の踏ん張り時のメンテナンスとして

カイロプラクテックは怖い?
カイロプラクティックというと、いまだに「バキバキッ」と骨を矯正するイメージを持たれる方がいますが、矯正をしなければいけないケースはまれなんですよ!?

なぜかというと、まず、骨格はずれざるをえないからずれているだけという事実。
骨のずれによって痛みがでていることは確かなのですが、原因はそこにない場合がほとんどです。
どういうことかというと、ずらしてしまうほどの負担がそのずれた骨にかかっているということです。
なので、この負担はどこから来ているのかを探り、痛い箇所以外を調整することで驚くほど痛みが軽減します。

調整方法も様々。
ほぐす、牽引、押圧、筋膜リリース、振動、経絡調整、運動療法等々、あなたの症状に最適な方法で行うので安心です。
無理な矯正や、ほぐしてなんぼ!みたいな無駄なことは行わないので安全に受けることができます。

施術を実際に受ける前のカウンセリングや骨格チェックは無料、学院の見学も随時行っています。
どこで受けたらよいか迷ったら、また、こんな技術を身につけたい!と思った方はすぐにご連絡ください!

東洋カイロプラクティック 王子療術センター
03-3911-1597
http://www.toyocp.jp/ouji/

東洋カイロプラクティック専門学院
03-3913-1020
http://www.rev.co.jp/






posted by toyocp at 11:20| Comment(0) | 学院情報

2017年01月09日

マインド>テクニック

マインド.jpg

整体・カイロプラクティック、柔道整復師、鍼灸等々、手技療法の世界で陥りがちなワナがあることをご存知ですか?

これらの職業に就きたての頃は、いかに患者様の症状を改善し痛みを取るか。いかに技術を磨いて一流の技術者になるかを追求しているもの。

様々な医学書や参考文献を読み漁り、あーでもない、こーでもないと試行錯誤しながら日々患者様と向き合う日々。

いつしか時は流れ、患者担当人数も数万人。大方の症状は少し見ればすぐに対応でき、この症状の場合はこことここがポイントだからこの手順で調整しよう。

術後に痛みや違和感が残ったとしても、テクニックでその場しのぎができる。また、話術にも長けているので、患者様の不安を取り除く術も知っている。

しかし、そこに、「患者様を治したい」「患者様はどうしてほしいのだろう?」という気持ちが本当にあるのか?
自己満足で終わっていないか?

そう、これが技術者の陥るいわゆるマンネリ。
テクニックで何とかなってしまうが故に、この仕事を志した当初の気持ち(マインド)を忘れてしまう。

これからこの業界を目指す方々へ・・・
そして、私も含めいまこの仕事に携わっている皆・・・

テクニックの前に、今一度技術者としてのマインドを確認しよう。

ふと、こんなことをおもったつぶやきでした/



posted by toyocp at 15:54| Comment(0) | 日記

2016年12月26日

足は冷えるのに頭はのぼせる症状? 腎を補って解決しよう

寒い.jpg

本格的に寒さが増してきましたね。

そこで増えてくる症状が「足の冷え」。

しかし、意外と多いのが、足は冷えるのに顔とか上半身がのぼせるという人です。

あなたには思いあたる時がありませんか?

東洋医学的に分析してみましょう。

腎の司る「水」が少なくなってのぼせる?!水.jpg

東洋医学では、腎は体の中の「水分に関わる働き」と、「生命力に関わる働き」があります。

腎は冬の寒さに非常に弱くて、この寒さで腎の水を貯える働きが弱くなってしまいます。

水には、過剰な熱を鎮める働きがありますが、体の水分が少なるなることで冷やす作用が損なわれ、余分な熱が上半身に昇りっぱなしになってしまい、のぼせの症状が出てくるのです。

よく、腎と冷えとの関係が取りざたされますが、腎が冷えたから足が冷える・のぼせるというより、この腎の司る「水」の渇きが関わっているというのは意外かもしれませんね。



posted by toyocp at 19:55| Comment(0) | 東洋医学